精密機械を取り扱っている会社が製造している商品

腕時計からロケットまで、精密機械の世界

精密機器があなたの日常を豊かにする

身近なデジタルカメラですが、日本の企業が世界シュアの90%を占めているのはご存知でしょうか? 多くのハイテク家電のシェアが新興国に移る中、デジタルカメラだけは日本のシュアが揺るがない、その要因は日本が培った精密加工技術が関係しているようです。

精密な製品は精密な測定から、精密測定機器について

精密な製品を作る技術のなかで、特徴的なのが測定技術です。 なぜなら現代の精密加工は人間の感覚では感じることのできない精度を求められる事もあるため、製品が完成したかどうか判定するための精密測定器が必要なのです。 また精密測定機器、センサーの開発、販売で急成長している企業キーエンスについても紹介いたします。

デジタル?アナログ?精密技術が合わさるデジタルカメラ

朝、目覚まし時計やスマートフォンのアラームで目を覚まし、朝食を食べながらテレビやスマートフォンでニュースや天気予報を確認、会社ではパソコンやOA機器で仕事を行い、仕事帰りによった飲食店で食券機やタブレットに注文を入力し食事をして、駅で自動改札機にICカードをタッチして家路に付き、家ではネットで動画を見て、スマートフォンで明日の予定を確認しながら就寝する。
私たちはもしかしたら、人と同じくらい精密機械と共に生活しているのかもしれません、そんな身近で同時に高い技術が詰め込まれている精密機械の世界をご紹介いたします。

かつては精密機械の分野で多くの世界シェアNo.1を誇っていた日本ですが、近年は苦戦していることは皆さんご承知だと思いますが、実は日本がいまだに90%以上の世界シェアを誇る精密機器、それはカメラです。
そこでカメラの基本的な構造とデジタル一眼レフシェアNo.1の「キャノン」のカメラ開発がどの様に世界シェアを守り続けているかご紹介したいと思います。

精密機械の精密さを実現するために必要な測定機器、そんな測定機器で独自の開発力と高い営業力を誇る「キーエンス」の非接触型三次元測定機について紹介させていただきます。

そして我々と宇宙をつなぐ精密機械のロケットに詰め込まれた高度な技術と日本で宇宙開発を続ける民間企業「三菱重工」が打ち上げているHーⅡAロケットと人工衛星ひまわり8号についてご紹介いたします。

このサイトによって身近な精密機械に少しでも興味がわいていただけたら幸いです。

最も巨大な精密機械?ロケットについて

ビル20階とほぼ同じ高さである50mの高さがあり、重量は445t、時速2700㎞の速度がでる精密機械は何でしょうか? それはロケット、まさに最速の精密機械です。 ロケットエンジンに使われている精密技術と宇宙開発を行う民間企業、三菱重工をご紹介いたします。

TOPへ戻る↑